BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を徹底解説!

BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分をより詳しく紹介します。

薬用育毛剤「BUBKA ZERO(ブブカゼロ)」は、医薬部外品の認可を受けた製品です。

育毛剤に含まれている成分には実に様々なものがありますが、厚生労働省によって「育毛に対して効果が期待できる」と認められた成分は「有効成分」と表記されています。

これらの有効成分が一定の濃度で配合されているものが「医薬部外品」です。

つまり「医薬部外品」や「有効成分」という表記があるものは、信頼性が高いといえます。

現在では育毛のためのヘアケア製品は様々なものが販売されていますが、ブブカゼロは医薬部外品の認定を受けているため、育毛効果への信頼性が高い製品となっています。

ここからは薬用育毛剤ブブカゼロについて、「有効成分」に着目してその効果を詳しくご紹介いたします。

ブブカゼロの有効成分

ブブカゼロは多種の成分からできていますが、育毛有効成分についてはセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールとなっています。

まず「センブリエキス」についてですが、こちらはリンドウ科の植物であるセンブリから抽出したエキスです。センブリは中国、朝鮮半島、日本に分布しており、古来から漢方でも使わている歴史のある植物です。

センブリエキスは内服や塗布によって皮膚の温度が上がり、血行が良くなる効果を持つことが知られています。育毛剤の成分としては頭皮の血行が促進されることによって、育毛を促進させる効果が期待できます。

また毛髪は、毛根の中にある毛母細胞によって作られます。センブリエキスは細胞分裂を活性化させるため、毛母細胞の働きを活発にする作用も持っています。

【関連記事】
BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を徹底解説!

2番目の「グリチルリチン酸ジカリウム」は、植物の甘草から抽出された成分です。

甘草は古代エジプトの時代でも、薬草として使用されていたことが分かっています。それほどの古い時代から、人体に良いものとして知られていた植物なのです。

グリチルリチン酸ジカリウムは、炎症を抑える作用(抗炎症作用)を持っているのが特徴です。

頭皮は皮脂や汚れが溜まりやすく、これらはかぶれ・かゆみといった炎症の原因となります。

頭皮が炎症すると分泌物や老廃物で毛穴が詰まり、髪の毛の正常な成長の妨げとなります。

グリチルリチン酸ジカリウムは頭皮の炎症を抑えることで、育毛環境を整えます。

3つ目の「酢酸DL-α-トコフェロール」は、ビタミンE誘導体の一種です。ビタミンE誘導体は抗酸化作用を持っています。

頭皮は紫外線や皮脂・汗・蒸れなどによるストレスを受けやすい部位です。

ストレスを受けると細胞老化の原因の一つである活性酸素が発生し、頭皮や毛根などの細胞が老化するリスクが高まります。

頭皮が老化すると、健康な髪の毛を育てる力が弱くなってしまいます。酢酸DL-α-トコフェロールは抗酸化作用で、頭皮の老化を予防します。

ブブカゼロではこれらの有効成分を中心とし、育毛をサポートする成分を多種配合しています。

また複数の成分の相乗効果によって、ブブカゼロは毛髪が育ちやすい頭皮環境を整えていきます。

【関連記事】
【2019年版】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果を徹底解説!使ってみたレビューも!