育毛剤と発毛剤はどう違う?分かりやすく解説します!

育毛剤と発毛剤の違いを説明いたします。

育毛剤は髪の毛を育てる

加齢に伴う抜け毛や髪の毛が細くなってきたなど、悩みを抱えている方は多いかと思います。

過度のダイエット・ストレスを抱えやすい方などにもこのような悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか・・

まず、育毛剤についてですが、読んで字のごとく「育てる毛」と書きますよね!

なので、髪の毛を育ててあげる栄養剤です。

女性であれば顔のお肌と一緒で、目じりのしわや口元のほうれい線・乾燥した肌などを鏡で見たときゾッとしますよね!

で、すぐに対策をとって、しわ取りクリーム・栄養クリームと、お顔にペタペタと塗っちゃってると思います。そんなお肌と髪の毛も同じです。

髪の毛を育ててくれている土台、毛根が栄養不足になっているから栄養剤を補給してあげなくてはいけないのです。

栄養剤を補給してあげれば髪の毛の抜け毛などを予防し、フケ・かゆみなども予防出来ます。

これが「育毛剤」です。

後で説明しますが、発毛剤には基本的に副作用があります。一方で、育毛剤には副作用がないものが多いです。

育毛剤の中には発毛剤と匹敵するくらい効果があり、かつ、副作用がないものもあります。

たとえばブブカゼロなどはおすすめです。

薄毛対策を行うなら、まずは副作用のない育毛剤から始めてみましょう。

【関連記事】
【2019年版】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果を徹底解説!使ってみたレビューも!

発毛剤は髪の毛を生やす。副作用あり

発毛剤ですが、これは毛を発すると書きますよね。

「生やす毛」なので髪の毛を生やす・髪の毛を育てるを目的にしています。

発毛剤は薄毛の方などの治療薬として用いられているので、他のお薬を飲んでいる方はお医者さんに一度確認して始められたほうが良いかもしれないですね・・・

国が認めている医薬品なので安全性は確かですが、ミノキシジルやフィナステリドなどのような成分が使用されているため、効能はありますが副作用にも注意して頂きたいです。副作用が強烈です。

量を増やして飲めば早く毛が生えてくるなどと考えないで下さいね。

早く効いてほしいからと言って過度の使用には十分注意し、指示された用量をお守り下さい。

発毛剤は育毛剤と違い、薬剤師さんやお医者さんのカウンセリングの元での使用となりますので少し面倒になります。

これが「発毛剤」です!

まとめ

私自身も加齢とともに、最近髪の毛の抜け毛や細くなってきた毛に悩む今日この頃です。

発毛剤は試したことはないのですが、医薬部外品の育毛剤を何種類か試しています。

抜け毛が多い方などは一度お試しになるのも良いかと思います。

わたくしの経験ですが、抜け毛がかなり減りました。